GIGAVIS技術隆盛をリードする素材・部品・設備の強小企業100に最終選定

技術独立をリードする「素材・部品・設備強小企業 100」55社の最終選定日本の輸出規制を克服して素材・部品・設備分野の技術自立度を高め、将来の新産業創出に寄与する強小企業55社の最大183億ウォン支援とともに大がかりなベンチャー投資も並行することになりました。中小ベンチャー企業部「素材・部品・設備 強小企業100プロジェクト」企業55社を9日に最終選定しました。強小企業100プロジェクトに支援した合計1064社の企業の中で、選定審議委員と国民審査陪審員の評価を頂いて、最終的な結果を導出しました。55個の強小企業で、業種別では、部品分野22個(40%)、素材17個(31%)、設備16個(29%)の順で選んだ分布を示しました。

技術分野別に電気・電子の16個(29.1%)、半導体10個(18.2%)、機械金属・ディスプレイの各8個(各14.5%)、自動車7(12.7%)、化学6個(10.9%)企業が選ばれました。全量または相当部分を日本からの輸入に依存していた素材・部品・設備を国産化させて代替効果を収めた「克日」企業も強小企業100に名前を入りました。

選定企業の約70%である38社は、まだ広く知られていない非上場企業でありましたが、技術力は、すでに大企業などのパートナーから認められています。選定企業の80%である44社は、大・中堅企業、公共機関などの需要企業からお勧めされた企業であり、売上高300億ウォン以下の中小企業も47.3%である26個に達しました。一般中小企業と比較しても優れた技術革新の能力を備えています。

選定企業の平均技術開発、人的資源は14.7人で、他の中小製造業(3.3人)に比べ、はるかに高かったです。平均特許は42個で7.9倍、売上に対する研究開発(R&D)投資は6.1%で3.8倍のレベルに優れた能力を保持しました。人的管理の面でも一般的な中小企業に比べて優れていました。強小企業の従業員の平均年収は4350万ウォンで、中小企業の平均年俸3595万ウォンに比べて21%高く、平均勤続年数は5.9年で中小企業の平均(3.0年)に比べて2倍近く長かったです。

中小ベンチャー企業部は、これらの強小企業にR&D、事業化資金、研究者、輸出、マーケティングなどの分野で、最大5年間182億ウォンを支援します。来年から3年間、毎年1000億ウォン規模で造成される素材・部品・設備専用ファンドを通じたベンチャー投資も優先 強小企業 100に投入します。大中小の相生協議会では、需要の大企業と分業績相生を通じて需要 – 供給企業間の共同成長を遂げることができるよう支援することにしました。

最終候補に上がったが選定されていない企業に対しても優遇支援を接触しました。大国民の評価を経た企業だけに、政府支援事業の3年間優遇を提供します。強小企業 100の45個の空席は、来年追加公募で埋める計画です。最終審査で苦杯を飲んだ企業もまた支援することができます。

キム・ヨンテ 中小ベンチャー企業部の技術革新政策官は、「素材・部品・設備の国産化に対する国民熱望を込めて選ばれた企業が良い成果を創出することができるよう支援する計画」として「成長の過程も、国民が参加して応援できるように、国民参加の方法を継続行く」と述べました。

<表> 強小企業選定55個の企業

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です